忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「笑ってる場合ですよ」に、「解散トリオ」と名付けられた3人がいました。
「ミスタ-ポテト」を解散したヒロ(山口君)、「橋達也と笑いの薗」を解散したケン、「トライアングル」というポスト「キャンディ-ズ」だったアイドルグル-プを解散したアキ(藤本アキ)の3人です。

「アキは、お笑いじゃないから別として、ヒロとケンにコンビを組ませたいので面倒みてやってよ」と、ディレクタ-から依頼を。

二人は「コンビお試し期間」として、新宿のストリップ劇場でコントをやっていたので、早速見に行くことに。

ストリップ劇場の楽屋で、ネタの打ち合わせをする訳ですが、ストリップの楽屋って不思議な場所です。
楽屋の前を「お先でございました」と、舞台を終えたストリッパ-の方が通って行く訳ですが、ステ-ジの最後は全裸になっているので、脱いだ洋服で恥ずかしそうに裸体を隠しながら行くのです。

ヒロとケンは、ストリップの合間にコントをする訳ですが、場所柄エッチなネタをする訳ではなく、正統派のコントをしていました。
「ここのお客さんは、普通のサラリ-マンが多いから、正統派コントが通用するのです」と。

事実、「レオナルド熊」さんや「ゆ~とぴあ」さんも、以前ここでコントをやっていたとか。

私が二人と相談して作ったコントが「キャベツとトマト」のコントでした。
別に取り立てて扮装する訳でもなく、Tシャツにジ-パン姿の二人が、
「トマト!」
「何だい、キャベツのお兄ちゃん」
と、普通に会話をする擬人法コントです。

コントの内容は、八百屋さんのトラックが迎えに来ているので、そろそろこの畑とサヨナラしなければいけない。
しかし、トマトは自分は野菜ではなく、果物だと思い込んで渋ってしまうのです。
「嫌だい!だって僕、プリンスメロンちゃんと約束したんだもの。一緒にタカノフル-パ-ラ-に行こうねって」
「バカッ!トマト、よ~く聞け。オマエは果物じゃない!野菜なんだよ」
「ウソだい。だって僕はジュ-スになれるんだから果物の筈だよ」
「バカ!カゴメさんにかかったらな、何でもジュ-スにされてしまうんだよ」
そこから、カゴメの凄さを説得し始めるキャベツ。
「♪カゴメ~や!カゴメ~や!」と、訳のわからないお祈りをしたり。

結局ケンは、それから間もなく「芸能界を辞めて田舎に帰ることにしました」と、電話があり、ヒロは一人、ストリップ劇場に取り残されます。

そして、また暫くするとヒロから連絡があり、「新しいメンバ-を集めたので、一度見に来てくださいよ」と。
行ってみると、新メンバ-は全員で7名もいました。
「このメンバ-で、実は軽演劇をやろうと思ってるんです」と、ヒロ。

そのメンバ-の中には、竹田君は勿論入っていました。
しかし、一人辞め、また一人辞めして、結局残ったのは竹田君一人だけ。
きっとストリップ劇場でコントを続けて行くことに、みんな耐えられなかったのでしょうね。

こうして「コント山口君と竹田君」はコンビとして活動し始めます。
久しぶりに見に行ってみると、二人はサラリ-マンコントをやっていて、ストリップを見に来た筈のお客さんに随分ウケていました。

「これは売れそうやなぁ」と、思っている間もなく、暫くして二人は大ブレイクをして売れて行ったのでした。

その後、私が関西に引っ越して、お二人と会う機会もなくなってしまいましたが、TVで活躍されている姿を拝見すると、あのストリップ劇場の頃が懐かしくなります。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター