忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「さぁ食べるんだ!お腹が空いているだろう」
老人は、嫌がる虎の口の中に、自分の左腕をねじ込んだ。

それから暫くして、老人と虎は平穏な日々を送っていた。
勿論、老人の左手は無くなっている。

保険に入っていたのだ。
老人は、左腕を無くしたことで多額の保険金を受け取り、また虎との暮らしを続けることができた。

しかし、その保険金も、やがて底をつく日が来る。
老人は、今度は右手を無理やり食べさせた。
そして、また保険金暮らし。

そんなこんなで結局、両手両足をも無くしてしまうことになる老人。
ついに最後の時が来た。

「お腹が空いているだろう? さぁ喰え!」
老人はダルマになっていた。
「こんなになったけどな、オマエと出逢って俺の老後は、それなりに楽しかった。感謝してるよ。有り難う!さぁ喰うんだ!」
虎は泣いていた。
老人も泣いていた。

そんなことがあってから何日か経ってのこと。
一人の女性が、老人のアパ-トを訪ねて来た。

「山田さ~ん! お父さんの死亡保険が下りますが、手続きをお願いします」
と、鍵のかかっていない扉を開けて、ビックリ仰天。

そこには、虎が厳粛な顔でペコタンと座っていた。
       ~完~

もう20年以上も前のラジオドラマを思い出して、あらすじのみを書いてみました。
今思えば、随分稚拙な物語ですよね。

次からは、もっとホンワカした「動物モノ」を思い出して書くことにします。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター