忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鶴橋の二畳の部屋の生活は、やはり耐え難くなり、三ヶ月ほどで引っ越すことにした。

何よりも、すでにプロのお笑い芸人としてスタ-トしているのに、夜10時という門限はきつすぎた。
二畳という空間だから、勿論キッチンなんてない。
共同の小さな手洗い場があるだけ。
深夜、お腹が空いたら電気ポットで「チキンラ-メン」を作っては食べていた。
今でも、チキンラ-メンを食べると、その頃のことを思い出す。

改めて、チキンラ-メンという素晴らしい商品を発明された「安藤百福」さんは凄いと感謝する。

チキンラ-メンは、昭和33年、「安藤百福」さんが自宅裏の小屋にこもって、研究を重ねた結果、やっと完成した「魔法のラ-メン」
お湯を注ぐだけで手軽に食べられるチキンラ-メンのことを、当時の人々は「魔法のラ-メン」と、呼んだらしい。
百福さん、この時48歳。
たった一人、自宅の裏の小屋にこもって完成させた歴史的食品である。

さて、鶴橋の二畳の部屋から、私は玉出の四畳半のアパ-トに引っ越し。
「四畳半が、こんなに広々としているのか」と、感動すらした。
姫路の実家では、8畳と3畳の二間を贅沢に使っていたのに、人間環境によって変わるものである。

玉出のアパ-トは、地下鉄の出口すぐに位置する木造三階建て。違法建築の3階だった。

何故玉出だったのかというば、中学生の時、生まれて初めて漫才をやった相方が住んでいたから。
俊市郎といって、中学2年で姫路から玉出に引っ越したので、時々遊びに来ていたし、ピンネタを声出して稽古するのに、彼のマンションの屋上をよく使わせてもらっていたから。

つまり、稽古場にも近いし、友人宅が近くにあるので安心。
でも、この頃の玉出の街は、本当に面白い連中の集まりで、その頃の毎日が楽しかった。

どんな出来事だらけだったのか、次回から思い出しながら、ゆっくりとお話しますね。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター