忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[539] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あかんたれ芸人の詩」登場人物の紹介、最後は宇野山和夫さん演じる「ウラさん」という人物です。

「ウラさん」は、壁新聞の記者。
壁新聞と聞いて、何だか理解できない方も多いと思いますが、昭和40年代、駅売りもできないまま梅田の地下街の柱に勝手に新聞を貼り付けては、その場で売っていた新聞のことです。
勿論記事は浅くデタラメな内容が多かったのですが、大きな見出しにつられて買って行く人もいたようです。

「ウラさん」は、そんな壁新聞の記者ですが、寄席の楽屋に来ては芸人と博打ばかりしている毎日。
実際、昭和47年頃のなんば花月の楽屋には、うさん臭い壁新聞の記者が常に楽屋で芸人と一緒に博打をしていたものでした。

「ウラさん」が、こうして楽屋に来て博打をするのも芸人が好きなのからでしょう。
劇中で、主役のソングが悩んでいた時、そんな「ウラさん」が助け船を出すことになります。
どんなことなのか・・・それは観てのお楽しみです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター