忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タカロア島からの帰りは、週に一便という「ツアモツ諸島周回飛行機」に乗った。

帰りの飛行機は、黒真珠養殖場の経営者であるフランス人が一緒だった。
機内では、ワイワイガヤガヤと、とにかく賑やか。
みんなデカい体のタヒチアン達が、大声で会話をしている。

眼下を見下ろすと、とても美しい島が見えて来た。
「あの島は、何という島ですか?」
経営者のフランス人に聞いてみた。
その島こそ、「アヘ島」という島であることを知った。

「アヘ島?」
私が凄い興味深そうにしていたのをどう思ったのか、フランスの経営者は、すぐ機長室に入ってしまうではないか。

そして、すぐのことだった。飛行機は低空飛行を始め、「アヘ島」の上空をグルグルと周り始めた。

「何かエンジントラブルでもあったのか?」
突然の低空飛行に、私や撮影班はビビッたが、そうでなかったらしい。

そのフランス人が、ニコニコしながら機長室から出て来た。
どうやら私が「アヘ島」という名に興味を示したので、撮影できるようにと、機長室へ頼みに行っていたらしいのである。

「そんな・・・勝手に航路を変更して関係ない島の周囲を低空飛行するなんて・・・」
驚いた。
日本国内便で、そんなことをやろうものなら大ニュ-スになってしまう。

機内に乗り合わせたタヒチアン達の様子をうかがってみた。
彼等は、何もなかったように平然とダベり続けていた。
本当に、タヒチアンは脳天気な奴等ばかりである。

こんなことがキッカケになったのか、その頃から私の書くコントやコメディには、「ボケたら、ボケッ放し。ツッコミを入れないでかぶせまくって
ボケる」というアホアホパタ-ンが随所に見られるようになった。

気楽なタヒチアン達は、人生の豊かさと楽しみ方を教えてくれたような気がする。
かの「ゴ-ギャン」も、なるほど愛してやまなかった訳だ。


PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター