忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「男はつらいよ」シリ-ズのマドンナとして、一番多く登場するのが、浅丘ルリ子さん演じるキャバレ-歌手の「リリ-」です。

第11作に初登場して、15作、25作、そして最終回の48作と、4度も同じ人物としてマドンナ役をされています。

このシリ-ズは、一話完結かなと思いきや、続きものなのですが、マドンナに関しては、ほとんどが一度きり。
そんな中で、浅丘ルリ子さん演じる「リリ-」は、監督の思い入れがあったのか、もしくは渥美さんの思い入れがあったのでしょうか。

リリ-は、キャバレ-まわりの歌手です。
ろくに聴いてももらえないキャバレ-で歌を唄い、全国を転々として歩いている女性。
昭和40年代には、そんなキャバレ-歌手が随分いたものです。
そして、そんなドサまわりのキャバレ-歌手の人生を、この作品では見事に描かれています。

寅さんと、リリ-が最初に出逢うのは、北海道の網走。
インチキくさい古いレコ-ドを売る寅さんに、リリ-がこう声をかけます。

「さっぱり売れないじゃないか」
旅人同士の男と女の出会いです。

キャバレ-まわりの芸人をしていた当時の私にとっては、とってもステキな出会いであり、大好きな二人の恋愛の始まりでした。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター