忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「キャバレ-哀歌」の公演まで、あと3日に迫った。
ここまで来れば本当に成功を祈るばかりであるが、脚本家としては複雑な心境になる。

というのも、脚本家にとっては「自分の裸を見られるような思い」なのである。
芝居上のセリフやメッセ-ジには、脚本家の熱い思いがこもる。
ゆえに、脚本家のストリップショ-でもある訳だ。

私がプロの本書き(脚本家)としてスタ-トした頃、そんな風に裸を見られるのが嫌で、メッセ-ジを控えめにした経験があった。
でも、「それは卑怯なこと」と感じて、思いっきりストリップをやってみる気になれたのは、いつ頃からなのだろうか・・・。

小学生の作文で、先生に誉められるのが、小学生が自分を丸裸にして表現した作文。
私は、作文が苦手であった。
自分を丸裸にできない子供であった。
それが、この年になって、どんどんストリップをしようとしている。
自分でも不思議でならない。

まぁ、そんな脚本家のストリップ芝居、来られる方はどうぞ私の心の裸を楽しんでください。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター