忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「キャバレ-哀歌」には、九州の筑豊出身の妙子(五十嵐サキ役)が登場していた。

筑豊の貧しい炭鉱から大阪に出て来て、女工として働き、工場を逃げ出してホステスになって行くという妙子。

昭和の時代のリアリティある背景として、妙子を登場人物にしたのだが、驚いた。
お客さんの中に、本当に筑豊出身の人がいて、芝居の上演中ずっと涙されていたらしい。

筑豊は悲しすぎる程の閉山の歴史を持つ。
そんなドンピシャなお客さんがいたことを知り、誠に申し訳ないと思った。

でも、そのお客さんは五十嵐サキの九州弁が上手なことで、懐かしさ一杯で感動されたとか・・・。

「キャバレ-哀歌」は、昭和の「あるある話」を目標に作った芝居であったが、ドンピシャすぎたことは良いことなのか悪いことなのか、複雑な心境だ。

「人の心の痛み」
これは、お笑い作家であるからこそ大切にしなければならないキ-ワ-ドなのである。

そんな思いやりの気持ちを持つことの根源には、勇気が必要である。
優しさと、正しい暴力・・・物作りはやはり奥が深い。

もっと脚本家として修行を積まなければならない。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター