忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617] [616]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、身内に不幸があって、姫路に帰っていた。
帰りの電車の中から、ステ-ションデパ-トが凄い音と共に破壊されて行くのが見えた。

姫路駅も新しくなるらしく、古いステ-ションデパ-トは壊されてしまう訳だ。

私は、姫路のステ-ションデパ-ト(通称、駅デパ-ト)が大好きだった。
駅を降り立つと、何ともやぼったくセンスの悪いショッピングモ-ルであり、いかにも姫路を象徴しているかのようであった。

駅デパ-トの地下には、明石焼きの店があり、みんなソ-スをかけた上にダシに入れて食べていたものだった。

小学3年の時、初めてカツアゲされたのも、このデパ-トだった。
友達とプラモデル屋で物色していたところ、突然背後からグッと服を掴まれて、
「声を出すなよ!黙って歩け!」
と、掴まれた背中を押される。

屋上まで、私と友達の二人は連れて行かれた。
そこには、小学高学年や中学生も混じっていて、十人ほどの不良に取り囲まれた。

「持ってる金、全部出せ!」
私は僅かな所持金を全て出すことにした。
が、友達は僅か20円を出しただけ。
「オマエ!もっと持ってるやろが!」
と、凄まれて、ポケットから全部チェックされたが、結局お金は出て来なかったので、私達はそれで解放された。

「五百円札、確か持ってたのと違うの?」
私が、その友達に問いかけると、
「うん。汗拭いてるふりしてな、帽子の中に五百円札を隠したんや」
何ともマジシャン並の技で、友達は五百円札を守ったのである。

その時、屋上に人影はほとんどなかった。
人影のない駅デパ-トの屋上。
思えば実に味わい深い昭和なデパ-トではないか。

そんな駅デパ-トが壊され、どこの町にもある近代的な駅に生まれ変わろうとしている。
味けなさ過ぎる・・・。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター