忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジョコビッチが、ウィンブルドンで初優勝した。
セルビアという貧困な国の選手なので、ついつい応援してしまった。

しかし、テニスというのは不思議なスポ-ツであると思う。
紳士のスポ-ツと言いながら、相手のいないところを狙って打つ。
まさにホンネとタテマエがバラバラな競技だと思う。

ゆえに個人のプレイぶりを見ていると、その人の人間性が良くわかる。
実は、私は短気なのか、すぐにウィニングショットを決めたがるタイプだ。

昨日の試合で、初めてダブルスを組んだオッサンがいた。
そのオッサンは、そこまでの私のプレイぶりを見ていたのか、
「すぐ決めようとせずに、つないで行きましょうね」
と、試合前に私に忠告を。

「余計なお世話だ」
とは思ったが、楽しくプレイする為に、私はオッサンの忠告通りに、すぐ決めずにつなぐテニスをした。
ところがどうだ。
そのオッサンこそ、やたら力任せにすぐ決めようとするではないか。
そして、ミスの連発。

「ドンマイ!」
と、私は叫んだら、オッサンはむくれていた。

その後の試合で、私は別の人とダブルスを組み、そのオッサンと対戦することになった。
ムキになるオッサンを軽くかわして負かしてやった。

試合後の握手の時、オッサンの目は確実に怒っているのがわかった。

「そんなに腹が立つなら握手なんかするな!ボケ!」
私は心の中でそう思った。

テニスの一流プレイヤ-は、敗戦の弁で、
「相手が凄すぎた」
と、必ず相手を褒め称える。

心からそう思っているのかは別として、私はそんなテニスをやって行きたい・・・な~んちゃってネ!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター