忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512] [511]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あかんたれ芸人の詩」続いてご紹介する登場人物は、テンタラ-の白川さん演じる「天王寺リズム」です。

「リズム」は、「ロック」と同じ売れないグル-プサウンズ出身で、お笑いの世界に転身します。
彼は典型的な妥協型人間で、常にロックの言うことに「ウンウン」と付いて行くタイプ。

グル-プサウンズ時代は、ドラム担当であり、ドラムセットを叩いていた訳なのですが、寄席の舞台に立つと「スネア」という略式ドラムをせざるを得なくなります。
「スネア」とは、小太鼓とシンバルのみを舞台の出とともに持って出て来て、また終われば持ってハケます。
つまり寄席の世界では、ドラムのセッティング時間を許されない場合が多かったので、そんな略式ドラムで演奏する音楽ショ-がほとんどでした。

東京では、「ドリフタ-ズ」「ドンキ-カルテット「ダスタ-ポット」等は、一旦幕を下ろしてフルセットを準備していましたが、「殿様キングス」等は、この「スネア」でした。

元グル-プサウンズのドラマ-であれば、この略式ドラムにかなり抵抗があるのは当然のこと。
しかし、「リズム」は何の文句も言わず、平然と「スネア」で舞台に立ちます。

「全て流されるままに生きる」
今回の芝居では脇役の一人ですが、彼の心情を思うと「リズム」主役でも充分一本の作品が出来ると思います。

そんな「リズム」を白川さんが演じます。
お楽しみに!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター