忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局、ヘンリ-はらん子の部屋に転がり込むことになり、また二人の同棲生活が始まった。
らん子は何かとヘンリ-の世話をして、小遣い銭を持たせたりしている始末。

そんな暮らしがスタ-トとして3日目のことであった。
笑楽座の楽屋で、ぴん子がらん子に話があるという。
「らん子、あんたまたヘンリ-と暮らし始めてるというのはホンマか?」
ぴん子が、眉に縦じわを寄せた表情で、らん子に詰め寄った。
「ええ、まぁ」
「悪いことは言わん。早う別れ」
「けど、久しぶりにヘンリ-の姿を見て、放っておけんようになったんや」
「それは情だけの話。いや、情以下で愛なんてもんやないのや。あんたはヘンリ-とかかわりになればなるほど不幸になる」
「そないに断言せんでも・・」
「いや、断言したる。早う別れ」
「そやけどな、ヘンリ-が作った曲、ごっついええねん」
「ヘンリ-が作った曲?」
「ヘンリ-て、寄席の世界では売れへんコミックバンドやったけど、ホンマは立派なミュ-ジシャンやと、その曲聴いて感動したんや。あの曲は絶対にヒットすると思うんよ。そやからヘンリ-の曲が売れるまで、私が支えてあげようと思うてるねん」
「そうか・・勝手にしいや」
びん子は大きなため息をついた。

女芸人が男に夢中になって芸がおろそかになる例は多い。
しかし、今回の場合は例外だとぴん子は悟ったのだが、らん子が不幸になって行くであろうという予感はしていた。
ゆえに忠告をしてみたのだが、今のらん子には無駄のようであった。

そんなところへ、ぽん子がウキウキ気分でやって来た。
久しぶりにTVの仕事が入ったというのである。
ここ笑楽座では、「フレンド2」の人気が続き、「こまどり娘」の舞台も余りウケない状態が続いていた。
そんな時にTVの仕事が入るとは朗報であった。

しかし、その内容を聞くやいなや、ぴん子は憤慨して起こり始めたのであった。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター