忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429] [428]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

笑楽座の楽屋に、人気者の「フレンド2」の二人がやって来た。
「おはようございます!」
楽屋の連中が挨拶すると、テリ-はカッコつけたまま、
「ウ~スッ!」と。
「ウ~スやない!おはようございますやろ!」
ぴん子が注意するが、テリ-は小バカにしたように半笑い状態である。

寄席の楽屋では、その挨拶の仕方で上下関係がわかる。
つまり、後輩は先輩に対して「おはようございます」と、90度頭を下げて挨拶するが、一方の先輩は軽く会釈程度の挨拶で良い。
笑楽座に出るようになって一年にも満たない「フレンド2」は、当然先輩芸人達にキチンと挨拶しなければならないのだが、テリ-は自らの人気で天狗になっていた。

「今、舞台に上がってるのは誰?俺等TVの仕事にすぐ行かなアカンから、さっさと下りて来てもらいたいな」
テリ-の生意気な態度は続く。
「あのな、笑楽座にはな、みんなそれぞれ持ち時間があって、その持ち時間を大切に芸をやってるのや!自分等の劇場みたいなこと言うのはやめ!」
ぴん子が、またも怒り出したが、
「そうや。支配人に言うて来よう」
と、テリ-は、無視して支配人室に行ってしまった。

「ぴん子姉さん、すみません。相方のせいで姉さんを怒らせてしまって」
テリ-の相方のミックが、深々と頭を下げて謝った。
「別にあんたに謝ってもろうても仕方ないがな。そやけどミック、あんたのナマリはなかなか取れへんなぁ」

岡山の田舎出身というミックはかなりナマリがひどかった。
関西で漫才をするのに、大阪弁のイントネ-ションを喋られないというのは、かなりのマイナスである。
ましてや、ボケ役ならまだしも、ツッコミ役の方が変なナマリがあっては漫才として成立しにくい。

「テリ-に、そのナマリ何とかせぇと、いつも怒られるんですけど、これでも最近はかなりナマリ取れたと思うんですよ」
ミックがメチャクチャなまりながら訴えた。
楽屋のメンバ-は、ミックが可哀想なので本当のことを言えない。

「それはそうとミック、あんた等ブラックタイガ-スのメンバ-やったんやな」
らん子が思い切って聞いてみることにした。
「麻薬で捕まったヘンリ-のことやけど、その後どうしてるのか知らん?」
「知んねぇなぁ」
またひどいナマリでミックが答えた。

それから数日後のことであった。
ヘンリ-の姿を見たという芸人が、らん子にそのことを伝えた。
ミナミの相生橋のたもとで、ギタ-を弾きながら道行く人から金をもらっていたというのである。
らん子は行ってみることにした。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター