忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヘンリ-が夜な夜な歌っているという相生橋へと、らん子は向かった。
橋の欄干にもたれかかるようにして、地べたに座ってギタ-を抱えて歌っているヘンリ-の姿があった。

ヘンリ-と別れてから4年になる。
らん子の目には、やつれ果てたように見えたが、その歌声には艶があった。
「♪私は今日まで生きていました・・・」
ヘンリ-は、声を絞り出すように歌うが、道行く人達はみんな素通り。
らん子が、ヘンリ-の傍に近寄って行った。
そんならん子に気付いていないのか、ヘンリ-は夜空を見上げて歌い続ける。

「ヘンリ-!」
らん子が思わず呼びかけたが、ヘンり-の方は相変わらず夜空を見上げたまま歌い続けている。

「どうしてるかなと思うてたけど、元気でやってるんやね」
らん子は、まるで置物に向かって喋るかのように続けた。
「聞いたのやけど、住む家もない暮らししてるてホンマ?」
らん子の言葉が聞こえていないのか、夜空に向かって歌い続けるヘンリ-。
「毎日どこで寝泊まりしているの?まさか公園なんかで寝泊まりしているんやないでしょうね」

ヘンリ-の弾くギタ-の手が止まった。
「ヘンリ-!らん子よ!いやネネよ!まさか私のこと忘れた訳やないでしょうね」
ヘンリ-は、夜空を見上げたまま呟いた。
「姉さん、今の唄が気にいらなければ黙って行ってくださいな。それとも気に入ったのなら、そこのカンカンの中にいくらでもええから銭入れて行ってもらえますか」

座り込んで歌っているヘンリ-の傍に、空き缶が置いてあった。
昭和47年のこの時代、こういったストリ-トミュ-ジシャンはまだ存在していなかった。
昭和43年頃、街角でフォ-クソングを歌うのが流行していたが、あれは戦争反対運動の「フォ-ク集会」というやつで、金銭目的ではない。
それを考えれば、このヘンリ-の行為は時代の先取りをしていたことになるが。

4年ぶりに再会したヘンリ-から他人行儀な扱いを受けて、らん子は悲しくなった。
ヘンリ-の言葉を受けて、財布から千円出して、そっと空き缶の中に入れた。
空き缶の中に入った千円をすぐさま確認したヘンリ-は、いきなり元気になった。
「千円も?有り難うございます。サ-ビスに、もう一曲歌いますわ」
と、先程とは別の曲を歌い始めたのだが、
「さっきの曲が良かったわ。もう一度唄って。何ていう曲?」
「曲のタイトルはまだないです。昨日作ったばかりの曲ですから」
「ええっ?ヘンリ-のオリジナル曲?凄いやんか、ヘンリ-!」

ヘンリ-がまた夜空を見上げながら先程の唄を歌い始めた。
「♪私は今日まで生きて来ました・・・」

ヘンリ-の唄を聴きながら、らん子がポツリポツリと語り始めた。
「ヘンリ-、あんたと暮らしたあの部屋・・・今も私一人で住んでるの」
聞こえてないのか、ヘンリ-は夜空を見上げて歌い続ける。
「ヘンリ-、あんたのモノは全てなくなったけど、あんたの枕だけは置いてある・・・たまには自分の枕で寝てみてもええのと違う?」

その時であった。
ギダ-を爪弾いていたヘンリ-の手が止まった。
そして、初めてらん子の顔を見たのであった。
「ヘンリ-!」
らん子は、初めて自分を見つめてくれたヘンリ-の視線に涙が出そうになった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター