忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早速「さすらいのUSJ」さんから、人生幸朗師匠か、枝雀師匠に関してのエピソ-ドをとありましたので、お答えしますが・・・。

残念ながらお二人とも、個人的に余りかかわりのなかった方でして、人から聞いた話程度しかできません。
(それやったら偉そうに「リクエストなんかすな!とお叱りを受けそうですが)

では人生幸朗師匠について、少しお話しますが、「ボヤキ漫才」で有名だったことは皆さんもご存じでしょう。
流行歌のボヤキが特に絶品で、晩年になってから若者に人気が出たという師匠です。

どんなボヤキかと申しますと・・・
「♪赤いリンゴに唇よせて・・・」と、幸子師匠が歌い始めます。
「♪リンゴは何にも言わないけれど・・・」すると、
「当たり前や!リンゴがモノ言うたら、果物屋のオッサンやかましいてしゃあないわ!」
とか・・・

「♪あなたが噛んだ小指が痛い」と、歌えば、
「誰が噛んだかて、痛いわい!」
とか・・・

「♪君の瞳は一万ボルト」
「人間の目ン玉、電気か!」
こんな感じのネタでした。確か・・・

晩年はもうお亡くなりになられた私の先輩「加納さん」が書かれたネタが多かったそうで、だから「こんなお年寄りは知らんやろ」と、思う歌までボヤいてはったのが若者人気になったのだと思います。

今の時代では「ヒット曲ボヤキ」というネタは、なかなか難しいかも知れませんね。
昭和のヒット曲は、誰もが口ずさむことができたので、成立してたと思います。

人生師匠はかなりの近眼で、そのエピソ-ドも多かった方です。
楽屋に寿司の出前を取り、全部食べ終わった後、大皿に書いてある伊勢エビをホンマもんと思い、ずっと箸でつまもうとしておられたこともあったようです。

また、仏壇にお参りした際、リンと饅頭を間違えて、合掌した後に饅頭を叩いてしまい、「ボテッ!」という鈍い音だけがしたのに驚かれたとか・・・。

もうお亡くなりになって、30年近くにもなるのですね。
ワッハ上方に、確か人生師匠の眼鏡と背広が展示されていると思います。
貴重な実物を拝見した後、資料室で「ボヤキ漫才」のVTRをご覧になってはいかがでしょうか。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター