忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は「第45回上方漫才大賞」の本番。
中川家が大賞に輝き、奨励賞は「笑い飯」新人賞は「スマイル」という結果だった。

生放送を終えての祝賀パ-ティの席上にて、中川家と会話を。
放送中の再現VTRでは「NGKのトリが目標」と締めくくったので、改めてそのことを確認してみた。

ところが、お兄ちゃんの剛が「僕等、トリは取りたくないんです。モタレでいいんです」と。
「トリって、責任重いでしょ」
そう言ったのだが、私はその時、ある大物兄弟コンビのことがよぎった。
「いとしこいし」先生のことである。
いとこい先生は、トリを嫌がる人達だった。
「トリなんて恐れ多い」とばかりに、絶対に生涯トリを取らなかった方達であった。

「剛、それ『いとこい先生』にあやかってるのか?」
私が聞くと、剛はニッコリ笑って、
「そうです。それと『いとこい先生』から、漫才の冒頭で自分達の名前を言うなと、言われたので守ってます」と。

この兄弟、同じ兄弟漫才の「いとこい先生」のことを本当に尊敬しまくっているようである。
そういえば思い出した。
中川家が、上方漫才大賞の新人賞を取った年のこと。
控え室で、その年「特別賞」を受賞された「いとこい先生」のすぐ背後に二人は黙って立っていたのだ。
「何をしてるの?」と、聞くと、
「すぐ傍にいたいだけなんです」と、剛は嬉しそうに語っていたことを。

中川家・・・「いとこい先生」を超える大物兄弟コンビになることを願っている。
いや、そうなってくれると信じている。


PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター