忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[505] [504] [503] [502] [501] [500] [499] [498] [497] [496] [495]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あかんたれ芸人の詩」現在執筆中ですが、ぼつぼつ登場人物やら、舞台背景についてお話したいと思います。

まず大平サブロ-さん演じるところの主役「天王寺ソング」に関して。

ソングは大阪の中学を卒業後、船場の繊維会社に丁稚奉公に出ます。
彼の夢は歌手になることでしたが、東京へ行く勇気も金もなく悶々とした丁稚奉公を続けます。
そして、ある時寄席を見に行って、彼の人生は変わります。
「王将ボ-イズ」という浪曲ショ-を見て、弟子入り志願をしたのです。
というのも、音曲ショ-であったのですが、その中で歌だけ唄っている人を見て「これだ!」と、飛び込んで行ったのです。

彼は「坊や」と呼ばれる楽器運びを主体とした弟子生活を3年続けます。
そして、憧れの舞台へ。
師匠と同じ舞台に立たせてもらい、ステ-ジで毎回一曲歌うことを許されるのです。
ソングは、もうそれだけで大満足でした。
師匠と同じ舞台に立たせてもらい、その上歌まで唄わせてもらえる。

しかし、師匠が体をこわしたことが原因で「王将ボ-イズ」は解散に追い込まれます。
路頭に迷うソング。
そんな時、彼に声をかけて来た二人がいました。
売れないグル-プサウンズの残党です。
彼等は、喰う為に音楽ショ-として寄席の舞台に出ようとするも、なかなか糸口がつかめない状態。
寄席の世界に顔がきくソングをメンバ-にすることで寄席の舞台に立てると企んだ訳なのです。

そして「スッカラカンぼ~いず」が誕生する訳です。
ここからは、お芝居をご覧いただければと存じます。
天王寺ソング・・・その男は実に小心者であり、あがり症。
舞台に立つと常に酸欠状態になってしまい、セリフも忘れてしまうような「あかんたれ芸人」なのです。
「天王寺ソング」の履歴をご紹介しておきました。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター