忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「男はつらいよ」の第8作「寅次郎恋歌」からのセリフです。

旅先の信州で、寅さんは「博(義理の弟)」の父親と偶然出会います。
そこで、寅さんはさとされてしまうのです。

「例えば、日暮れ時、農家のあぜ道を一人で歩いていると考えてごらん。庭先にりんどうの花が、こぼれるばかりに咲き乱れている農家の茶の間、灯りがあかあかとついて、父親と母親がいて、子供がいて、賑やかに夕食を食べている。これが本当の人間の生活というものじゃないかね、君」

この言葉を聞いて、寅さんは生まれ変わろうとする訳ですが、結局そんな地道な暮らしは出来ません。

でも、今の世の中、「地道な暮らし」こそ大変困難極まることだと思います。
「これを買え!あれを買え!」とも言わんばかりに、生活必需品でもないモノのPRばかり。
「情報社会だ?」・・・いらない情報が多すぎる!

「時代から、取り残される」という恐怖感から、人は無理矢理いらないモノを買いあさり、偽の満足感でとりあえずの日暮らし。

そんな現代社会に対して、「男はつらいよ」は痛烈に批判しているようにも思えるのです。

ところで東住吉区の「杭全」の正しい読み方は「くまた」ですよ。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター