忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さてさて、客席からビ-ル瓶を投げた上、舞台にまで上がって来たタチの悪い酔っぱらい客。

なんと私に殴りかかって来たではありませんか。
でも、酔っているので動きは鈍い。
その男の拳が私の顔面を捕らえる寸前、私はさも殴られたかのように「あ~っ!」と、叫んで先にぶっ倒れたのです。

そして、舞台にうずくまり、「も~いやっ!ア~ン!」と、泣き崩れる演技を。
まだ気付かない従業員や客は、それでも笑っていました。
一番敏感でなければならない筈のショ-マネ-ジャ-までが、大きな口を開けて笑っているのが見えました。

「ええ加減にせぇ!」
開き直った私は、真顔になり立ち上がりました。
「これだけショ-の邪魔されているのに誰か止めるなり、何とかしてくれよ!」

やっと席についていたホステスさんが、その酔っぱらいを客席に戻してくれた訳ですが。
まだステ-ジの残り時間は10分以上ありました。
一度シラケてしまった舞台ですが、最後までやるしかありません。

でも、席に戻されたその酔っぱらいは、まだ何やら叫び続けています。
「すみません。そっち半分の方には申し訳ないんですけど、何やらうるさいので、店の逆のこっち半分のお客さん相手に続けます」

と、うるさい酔っぱらいのいない方向に向かってステ-ジを続けました。

そして、ステ-ジが終わる瞬間、ものすごい拍手をいただいたのを覚えています。
「ひどい情況の中で、良くやった」と、他のお客さんやホステスさんは、私に大きな拍手をくださったのです。

とんでもないキャバレ-舞台の話。
21歳の思い出です。

お酒を飲んで暴力をふるうのは、本当にダメですよね。
動きが鈍くなっているので、必ず相手にかわされてしまいます。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター