忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[493] [492] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485] [484] [483]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

来年1月公演「あかんたれ芸人の詩」は、昭和47年の物語ですが、改めて昭和47年を振り返ってみると実に激動の年であったことに気づきました。

この年の2月、私自身は名古屋の大須演芸場で「B&B」として初舞台を踏み、同月京都花月に、そして3月には梅田花月に出させていただき、とにかく休む暇もなく連日漫才の舞台に明け暮れておりました。

この年の1月24日、日本列島を衝撃の渦に巻き込む出来事がありました。
「横井庄一」さんが、戦後27年を経て、グアム島で発見されたというニュ-スです。
終戦を知らずに、27年もの間グアム島の洞穴に閉じこもって暮らしていたというニュ-スは本当に驚きでした。

私も後にグアム島旅行に行った際、「横井ケ-ブ」を見に行ったのですが、昼間は洞穴の中に潜んでいて、夜になると横井さんは行動を開始されたらしいのです。

まず何キロも歩いて水を調達し、食料は夜中にこっそりと畑から調達していたらしいです。
ロビンソンクル-ソ-等のサバイバル生活は、物語として面白く、男の憧れでもあったのですが、横井さんはそれを実践されたことに日本国中が驚いた訳です。

当然、漫才さんのネタにも活用され、「次はルパング島にまた日本兵がいるらしい」という噂が流れ、当時B&Bでも日本兵を捜すネタを私が作ってやったのを記憶しています。その日本兵とは、小野田さんです。

いやぁ、昭和47年・・・いろんな記憶が蘇りますね。
まだまだ驚くべき出来事が起こった年ですので、この続きをまた次回に綴らせていただきます。

芝居の劇中にも、そんな時代ならではの旬の話題を挿入して行きます。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター