忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヨンちゃんは5年生になった。
クラス替えがあり、今度こそ友達ができることを望んだ。
友達は、すぐにできた。
その一番の友達が担任の木村先生だった。

木村先生は、音楽に熱心で、器楽部を作りMBSラジオの「子供音楽コンク-ル」に申し込み、姫路市内でも音楽面で有名校にしようと必死な先生だった。

器楽部は基本的には、56年生で構成されるのだが、ヨンちゃんがピアノを習っていたこともあり、ヨンちゃんは特別に4年から器楽部に加わっていた。
担当は、アルトアコ-ディオン。
自分の演奏するアコ-ディオンのソロパ-トがラジオから流れるのを聴いて、ヨンちゃんは嬉しかったようだ。

ヨンちゃんは、そんな大切な木村先生のことを「馬!」と呼んでは、「待て!」と、追いかけられた。
「萩原!オマエも顔長いから、これから馬と呼ぶぞ」と、木村先生。

34年のクラスとは全く違い、木村先生のクラスは笑いが絶えないクラスであった。
ヨンちゃんが授業中に、先生の言葉尻を取ってダジャレを飛ばす。
「今、ダジャレを言うた者は誰や!」
ヨンちゃんが手を上げると、
「もう一回大声で言うてみぃ!」と、先生。
ヨンちゃんが、もう一度ダジャレを言うと、
「オモロいやないかい!」と、先生。

そんな木村先生のおかげでヨンちゃんは明るくなり、これまでがウソのようにクラスの人気になって行った。
「6年生を送る会」では、「萩原、何かオマエが芝居を考えろ」と。
ヨンちゃんは5年生で、生まれて初めての作演出主演の芝居を経験した。

そんな木村先生・・・。
一昨年、ヨンちゃんが母校の中学校の公演を頼まれて行った時のこと。
在学の中学生やPTAの人達にまぎれて後ろの方の席に、老いた木村先生の姿を見つけた。

公演後、木村先生は控え室に来てくれて、
「芳樹さん、今度是非一緒に二人で酒でも飲もう」と、言ってくださった。
残念ながら未だその機会はないのだが、ヨンちゃんにとって、木村先生は天使のような存在だったのである。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター