忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャバレ-歌手のネネが、「二代目柳流亭らん子」として寄席の舞台に立つようになって一ヶ月が経過した。

そんなある日、らん子はぽん子に素朴な質問をする。
「こまどり娘は、女性音曲トリオやのに、何故テ-マソングがないんですか?」
「そう言うたら、そうやな。どこの音曲トリオもテ-マソングあるのに、うち等だけないなぁ」
「私、こまどりのテ-マソングを考えて来たんですけどね」
そう言うと、ぽん子は目を光らせて来た。
「どんなん?聞かせて」
らん子は、自ら考えたテ-マソングを唄い始めた。

この頃の音曲漫才は、どこのコンビでもテ-マソングを持っていた。
例えば「かしまし娘」は、「♪うち等陽気なかしまし娘・・・」
「フラワ-ショ-」は、「♪赤い火青い火道頓堀の・・・」
「ちゃっきり娘」は、「♪ちゃっきり娘が飛び出~し~た」
という風に、高座はテ-マソングに始まり、テ-マソングに終わる。

この漫才のテ-マソングなるもの。
実は「タイヘイトリオ」が元祖であるらしい。
「♪またも出ましたロマンショ-、いつもニコニコほがかに・・・」
というテ-マソングを作って舞台に立ったところ、大喝采を浴びたようである。

らん子の考案したテ-マソングとは、「黄色いサクランボ」の替え歌。
「♪わ~かい娘がウッフン、お色気ありそでウッフン、なさそでウッウン、ありそでウッフン、ほらほ~らこまどり娘だよぉ」
と、3人揃って振り付けありの色っぽくもバカバカしいテ-マソングであった。

ぴん子が楽屋に来たので、らん子とぽん子は早速テ-マソングを踊って唄って見せた。
「どうこれ。らん子が考えたテ-マソングや。ええと思わへんか?」
と、ぽん子が得意げに言うと、
「テ-マソングて、そんなカッコ悪いもん。テ-マソングを唄う漫才なんか、そのうちきっとなくなる。テ-マソングを唄う間があったら、早うネタに入れと若い客は思うてる筈やわ」
ケンモホロロの状態であった。

実際、昭和43年当時は全盛を誇っていた「テ-マソングを持つ漫才コンビ」も、やがては時代とともに下火になって行くのであった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター