忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[434] [433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [424]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、「女芸人らん子のブル-ス」一昨年の5月に公演をさせていただいたシリ-ズの二作目に入りたいと思いますが、まずはその時代背景から。

舞台は、一作目から4年後の昭和47年に移り変わります。
昭和47年の上方演芸界は、従来の上方演芸界とは違った新しい時代に突入していました。
TVでは「ヤングお-お-」が大人気番組となり、仁鶴・三枝・やすしきよしといったお笑いのスタ-が次々と誕生します。
続いては、コメディNO1、カウスボタン、パンダもスタ-の座に。

これまでの関西ロ-カルの演芸番組といえば、寄席でウケている芸人さん達がTVに登場する・・・というスタイルでした。
しかし、この頃から逆転して行きます。

つまり、TVで活躍しているお笑いスタ-が寄席に出ると客が集まるという構図に変化して行く訳です。

ゆえに、寄席で地力をつけて行くよりも、TVで華々しく売れた方が勝ちという時代に。いわば、今の路線の始まりと言っても良いでしょう。

芸もさることながら、お笑いにも「ビジュアル」が大切になった時代が到来した訳です。
グル-プサウンズブ-ムが終わり、カッコいい若者が楽器を捨てて漫才に転向して行ったりしたものでした。

「らん子2」は、そんな時代の物語であります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター