忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

玉出のアパ-トに、よく遊びに来る友人がいた。
「三宅」という男で、私と同じ年。
いつもたまる喫茶店の常連客の一人だ。

魚市場の「まぐろ屋」でバイトしていて、昼過ぎには仕事が終わるので喫茶店代のない時は、私のアパ-トに来てはゴロゴロしているのである。

そんな彼がある日のこと。手土産をぶら下げて来た。
店から「大トロ」をもらって来たというのである。
見れば、20センチ角の大きなトロの固まり。買えばかなりの値はすると思うシロモノ。
いつも来ているので、たまには・・・と、気を使ってくれたのかもしれない。

「とんぺ-、これをアテにして酒飲もうや」
「わかった。そしたら酒は俺が買うわ」
二人して酒屋に行き、日本酒を一本買った。
 

「けど、あの部屋で二人で飲んでも盛り上がらんなぁ。公園で一杯やるとするか」
私と三宅は、近所の公園に。
大トロの固まりを二つにブツ切りして、左手に大トロのブロックを持ち、右手でコップ酒を。
「旨いなぁ」
最初は、大トロをアテにして酒を飲んで満足していたが、二人とも酒が強くて、なかなか酔いがまわって来ない。

「もっと酔える方法ないかな」
「ブロンコに乗ってみようか。酔いがまわるかも知れん」
二人してブランコに乗った。
ブランコをこぎながら、左手の大トロをかじりながら右手のコップ酒を呷る。
案の定、二人ともあっという間に酔いがまわって来た。
しかし・・・完全に悪酔いであった。
気分が悪くなって、結局アパ-トに戻って酔いをさましたのを覚えている。

全くバカな19歳の思い出です。
さて、この三宅という人物、本当に奇妙な奴で、元々仕事もせずに毎日パチンコばかりをして暮らしていた男。
そんな彼が、突然魚市場で働くようになったのは、ある事件が起こったからでした。
その事件とは・・・。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター