忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブロイラ-を乗せたサ-フボ-ドは、どんどん沖へと進んで行った。
ブロイラ-は、ボ-ドの上でバランスを取りながら二本足で立っている。
その姿は、まるでカッコいいサ-ファ-であった。

海の色がブル-から、濃紺色に変化して来た。
潮の流れが急になった証拠である。
波も荒くなって来た。
ブロイラ-は、ボ-ドから落とされまいと必死である。
「このまま海に落ちたら、泳ぐこともできないし、魚の餌食になるのかなぁ」
おかしな話である。
鳥は、上空から海の魚を狙っては、サッとくわえて飛んで行く。
「鳥の仲間である僕が、魚の餌食になるなんて・・・立場逆転」
海はどんどん荒れて行った。

ブロイラ-は、目覚めた。
そこは、小さな島の浜辺であった。
横にはサ-フボ-ドがある。
「そうか、荒波と戦ううちに気絶して、この島に漂着したという訳か」

早速、島を探検してみることにした。
人影はまるでなし。どうやら無人島のようである。
沖を見ても島影はなし。ブロイラ-は、南海の孤島に漂着してしまったようだ。でも、そうとわかればブロイラ-は大満足であった。
「ようし!憧れの太陽の陽を浴びて、ここでのんびり暮らすぞ」

そう思って、浜辺にゴロリとなった時であった。
砂浜に人間の足跡を見つけたのである。
「無人島かと思ったら、人がいる・・・気をつけないと」
ブロイラ-にとって、人間に食べられるのが一番の恐怖であった。

少し離れた場所から、少年の歌声が聞こえて来た。
ブロイラ-は、そっとその声のする方向に忍び寄ってみる。

そこには、木にもたれかかったまま座り込み、海を見つめて歌っている一人の少年の姿があった。

    ~続く~
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター