忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、北畠信雄は伊賀に攻め込む為の城を築こうとします。
「丸山城」です。

普通なら、敵国が自分達の領土に城を築こうとすれば、すぐ戦いになります。

しかし、丸山城は何事もなかったように建築され、完成しかかったところで、焼失してしまうのです。

これには、一つのある説があります。
「伊賀者は銭さえもらったら何でも引き受ける」
と、寝返った下山甲斐に言われて、なんと伊賀者に高額の建築費用を渡そうとしたとか。

普通なら、ここで「怪しい」と睨み、建設に反対する訳ですが、伊賀者はこぞって高額の建設費用をもらって、一生懸命に城造りを始めたとか。

そして、城が完成間近の段階になって、伊賀者の手によって城を焼かれてしまったという説。

伊賀者は、さすがにズル賢いですよね。
城造りの日当さえもらったら、城を自分達の手を燃やしてしまったのですから。

こんなことをされては、信雄もカンカンです。
そして、天正7年9月。
信雄は一万の兵を率いて伊賀を攻撃します。

この時の話が、今回の「女忍のブル-ス」です。

さてさて、一万の兵を率いて伊賀を侵攻した信雄。
この後、いったいどうなったのか・・・また続けます。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター