忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忍者の世界が「裏切り」が当然のごとくあったように、戦国時代は裏切りの時代でもありました。

信長の次男「北畠信雄」は、義理の父を惨殺してしまう訳ですが、これで信雄が晴れて一国一城の主になったとは言えません。

というのも、北畠具教に古くから仕える家臣の存在。
以前から具教に仕えていた家臣は、殿を亡き者にされて黙っている訳にはいきません。

当時、具教の家臣には「田丸直昌」「長野具籐」「北畠親成」等がいた訳なのですが・・・。

なんと、その家臣の一人「田丸直昌」が、他の家臣を呼び出して、惨殺してしまったのです。

「田丸直昌」は、本当にズルイと言うか、その場その場の権力者に仕える為には、仲間を平気で殺すような男だったのですね。

何か現代社会の縮図を見ているような気もするのですが・・・。
「銭の為なら、人を裏切る。義理人情の世界はゼロ」
私の身辺にも、似たような奴が何人か存在していました。

さて、「女忍のブル-ス」では、この「田丸直昌」の娘で「田丸右京太」という登場人物を、「杉岡みどり」が演じます。

女性なのに、男の名前ですが、この時代、娘を男武将として育てるという習慣もあったようです。

「杉岡みどり」演じる「田丸右京太」は、幼い頃から可愛がってもらった「北畠具教」のことが大好きでした。

その具教が惨殺され、信雄が城主となり、父の直昌は信雄に寝返っている始末。
悔しさ一杯で、右京太は思い切ったことをしてしまうのです。

「右京太」は、あくまで架空の人物で、その辺りの話は勿論創作です。
が、「田丸直昌」に関しては、歴史上の出来事です。

「女忍のブル-ス」は、歴史上の史実に基づいた上での創作です。

さて、伊勢の国を自分のモノにした信雄。
いよいよ伊賀に侵攻する訳ですが、ここでまた裏切り者が出て来ます。

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター