忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忍者が城に忍び込んでの仕事は、天井裏などに隠れて「秘密を聞き出す」というスパイ行為の他にも、いろいろあったようです。

まずは「襲撃」
敵の武将が眠っている間に襲ったりしたとか。

それから「宝を盗む」ことです。

戦国時代は、貿易が盛んで、各地の大名達は城に様々な宝を所有していたとか。

名刀と言われる「刀剣」を始め、「短筒」「香木」「茶入」「茶碗」「兵法書」など、勢力を誇る大名程あらゆる財宝を持っていたらしいのです。

財宝には、名前もついていて、高価な宝は、城一つ分くらいのものまであったとか。

そんな高価な宝を盗むのも忍者の仕事。
「女忍のブル-ス」でも、「珠光小茄子」と呼ばれる高価な「茶入」をめぐっての争いがあります。

この時代の代表的な「大泥棒」として「石川五右衛門」の存在がありますが、彼も伊賀忍者で、百地三太夫の下忍であったのではないか・・・という説があります。

いろんな場所に忍び込むのが仕事ですから、泥棒稼業に転向するのも可能だったのでしょう。

「女忍のブル-ス」の登場人物の一人、実は「石川五右衛門」を少しモデルにしています。
それは誰なのか・・・お芝居を観て確認してください。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター