忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「女忍のブル-ス」では、徳富啓太さん演じる「毒蛇の弥平次」が、忍者ならではの毒薬作りをしているシ-ンも出て来ます。

毒薬と一口に言っても、現在のように化学薬品もないので、勿論野草を使って作る訳です。

「トリカブト」や「ケシ」は、当時にもあったので、そのまま使ったとか。

面白いのに、「阿呆薬」というのが存在していたとか。
敵を「うつけ」にする薬なのらしいですが、大麻が含まれていたというから、納得できますよね。

それから「犬殺し薬」というのがあります。
忍者が忍び込む際、番犬に吠えられてはバレてしまいます。
そこで、まずは犬を毒殺してから、忍び込んだとか。

「女忍のブル-ス」では、この「犬殺し薬」が、劇中に登場します。
なんと「犬殺し薬」を食べ物と間違えて、口にしてしまったバカな忍者がいたのです。

それは誰なのか・・・お楽しみに!

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター