忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、忍者の武器の中でも有名なのが「鎖鎌」です。

鎌に鎖がついていて、その先には分銅。
ブルンブルンと、鎖を振りまわして、相手の刀に巻き付け、たぐり寄せては鎌が相手を倒すという技・・・昔の時代劇には、よく登場したものです。

私も子供の頃、祖母に連れて行ってもらった時代劇で見て、
「何故そんなモノで、相手を倒せるのだろうか」と、不思議でした。
武器としては、余りにも現実離れしていると子供ながらに感じていたのです。

ブルンブルンと鎖を振り回している間に、何故さっさと斬ってしまわないのかと。

以前このブログで「鎌手裏剣」についてお話したことがありましたが、下忍は普段農作業をしているので、鎌を使うことが達者です。

「鎌手裏剣」は。農作業していると見せかけておいて、敵が油断して、その場を通り過ぎると、鎌を背後から投げつけるという技。

とすれば、実際の「鎖鎌」も同じように使った方が効率が良かったのではないでしょうか。

後ろから相手の足に鎖を投げて巻き付け、思いっきり引く。
すると敵は倒れます。
そこで近付いて鎌で喉を・・・。

忍者は卑怯です。
正面から、わざわざ戦いを挑む忍者なんていなかったと思われるのです。

しかし、この「鎖鎌」ですが、ネット販売なんかしていて、結構売れているとか・・・。
いったい誰が買って、何に使うのでしょうかねぇ。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター