忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「真田十勇士」が終わって間もなく、またNGK一ヶ月公演脚本の依頼がありました。

「また時代劇にしてください」と、プロデュ-サ-から。
会議の結果、「忠臣蔵」を新喜劇メンバ-でやることになりました。

早速私は、忠臣蔵に関しての調査を開始。
映画化されている作品や、小説を読みあさり、歴史的資料をも取りそろえました。

こういう何度もドラマ化されている時代ものは、江戸時代の講談によって作られている部分が多いので、なかなか真実は掴めません。

そして、私の作り上げた「忠臣蔵」とは、こんなスト-リ-です。
ドラマや映画では、大石内蔵助が仇討ちする気がないと見せる為、山科で遊ぶシ-ンがありますが、そこで芸人や太鼓持ちと知り合いになります。

赤穂城の旧浅野家臣は、誰も亡き殿の恨みを晴らそうという気配はなし。
そこで、芸人達が47士になりすまして吉良邸に攻め込むという荒唐無稽な物語。

ところが脚本を書き終えたら、2時間以上もの大作になってしまいました。(サイズも計算せずに脚本を書く私はおバカですが)

演出家の方は、「大丈夫ですよ」と、おっしゃってくださったのですが、確か全7景の芝居を、ごっそりカットして全3景の芝居になってしまったのを記憶しています。

やはり、今回の「女忍のブル-ス」のように、私の脚本は自分で責任を持って演出しなければなりませんね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター