忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

では、動物や虫を擬人法で書いていたラジオドラマを思い出して、綴って行くことにします。

まずは「老人の拾いモノ」という作品。
これは、取り立てて擬人法でもないのですが・・・。

(物語)
その老人は、60歳を越えていた。
定年退職した後、僅かの年金暮らしをしている。
家族は誰もいない。
子供のいない夫婦暮らしの末、妻を3年前に亡くしての一人暮らし。
8畳一間のアパ-ト暮らしであった。

これといった趣味もなく、友達もいない。
老人は毎日することがなかった。
せいぜい近くの川べりを散歩することだけが生きがい。

そんなある日のこと、川べりを散歩していると、一匹の子猫を発見する。
子猫は河岸の草むらに座り込んだままだった。
どうも、足が不自由なようであった。

老人は、子猫に優しく語りかけようとしたが、何を言っていいのやらわからない。
その足の不自由な子猫と別れて帰宅する。

夜になった。
老人は、いつものように「茶漬け」と「漬け物」で夕食を終えると、急に子猫のことが気になり始めた。

散歩コ-スの川べりまで早足で向かった。

子猫は夕方と、同じ格好で座ったままだった。
「かわいそうに、交通事故に遭ったのか?飼い主も、さぞ心配しているだろうに」
老人は、そう思ったが、飼い主を見つけることも至難の業と思い、とりあえずは、その子猫を自分のアパ-トに連れて帰ることにした。

子猫はお腹が空いていたようだった。
猫用のペットフ-ドを買って来て与えると、凄い勢いでパクついていた。

翌朝から、老人に笑顔が蘇って来ていた。
妻を亡くしてから3年。老人は、笑ったことがなかったのだ。
子猫は、老人になついた。

こうして三ヶ月の月日が流れた。
ひとりぼっちの老人は、子猫の成長が何よりの楽しみであった。
しかし、その成長ぶりが普通ではなかった。
拾って来た時は、ごくごく小さな子猫であったのに、三ヶ月した今、70センチもの体長になっていた。
普通の猫よりも大きく成長してしまったのである。

老人は、動物病院に行った。
「この子、何という種類の猫なのですかね?余り成長が凄すぎるもんで」
すると獣医は、こう答えた。
「ネコ?違いますよ。これは虎ですよ」
「ハァ?虎?」

老人が拾って来たのは、なんと虎の赤ちゃんだったのである。

それからというもの、老人と虎は8畳一間で生活を送る日々となった。
アパ-トで動物を飼うことは禁止されている。
幸い足の悪い虎は、部屋に常に座り込んだまま。
老人が、エサを買って来ては、虎に与える。

虎は老人の語りかける言葉が理解できるのか、目をウルウルさせてばかり。

でもこの後、とんでもないことが起こるのです。

               ~続く~



PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター