忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヨんちゃんは、小学3年の春に転校をした。
もう汽車で通学することもなくなったので、気持ちは楽になったが、反面不安でいっぱいだった。
転校生なら誰しも同じ心境で新天地を迎えたのだと思うが。

ヨンちゃんは、3つ年上の6年生になる姉と一緒に転校することになったのだが、もう一人家族の一員も同時転校となった。
母親である。

ヨンちゃんのお母さんは、小学校の教員で、同じタイミングで同じ小学校の勤務となった。
母と子が同じ学校にいる・・・このことがヨンちゃんの運命を左右することになる。

3年の一学期の始業式の日。
全校生徒は校庭に整列。
教頭先生が、新任としてやって来たヨンちゃんのお母さんを紹介し、ヨンちゃんのお母さんは朝礼台の上に立って挨拶を。

その時であった。
教頭が「先生のお子さんも一緒に転校されて来られたので紹介します」
と、なんとヨンちゃん姉弟も、呼び出されて朝礼台に一緒に立たされたのであった。

全校生徒の視線をまともに受けたヨンちゃんは、「嫌~な予感」がした。
「浮いてる・・・」
直感でそう感じた。

その後、ヨンちゃんは「先生の子」と、全校生徒から呼ばれるようになってしまった。

教室に入った。
新学期なので、学級委員長の選挙がいきなり始まった。
ヨンちゃんは、選挙結果に驚いた。
圧倒的多数で、ヨンちゃんが学級委員長に選ばれてしまったのである。

2年まで通っていた城東小学校では、1・2年とも、二学期の委員長だった。
ヤスオちゃんに勝てなかったからなのだ。

「ヤスオちゃんがいなくなった今、僕はクラスの一番なのか?」
一瞬ヨンちゃんは嬉しくもあったが、よくよく考えると、とんでもないことであったことに気付いた。

クラスメ-トの名前も知らないし、今までの町うちとは違って、ここは田舎の学校である。
いろんな習慣が違うので大変だろうな・・・そんなヨンちゃんの予感が見事に的中した。

いきなり学級委員長にさせられ、校内でも注目される立場となったヨンちゃんに、地獄の日々が待ち受けていたのであった。



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター