忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヨンちゃんは野球が得意であった。
隣家に住んでいた婆ちゃんの末っ子、つまり叔父さんがヨンちゃんの5つ年上で、「芳樹、キャッチボ-ルするから、キャッチャ-やれ!」と、幼稚園の頃から、5つ年上の叔父さんのキャッチボ-ルの相手をさせられていた。

その頃のヨンちゃんは、引きこもり気味に一人遊びばかりしていたので、父親が叔父さんにお願いしてのことだったのかも知れない。

5つ年上の叔父さんのキャッチボ-ルは、「巨人の星」さながらの特訓であった。
5つ年下の幼稚園児というのに容赦はしない。
ビュンビュンと剛速球を投げて来て、ボ-ルを後ろにそらすと叱る。
その上、変化球のカ-ブまで投げて来るのである。

当然のごとく、ヨンちゃんは小学一年生では、ダントツに野球の上手い子供に成長していた。

その叔父さんの勧めで、町内の少年野球チ-ムに一年ながら入団した。
今でいえばリトルリ-グである。

ユニフォ-ムを買ってもらった。
しかし、当時さすがに小学一年レベルのユニフォ-ムは、スポ-ツ店にはなかった。
ヨンちゃんは、ブカブカのユニフォ-ムで、チ-ムの練習に加わる。
でも、日暮れまで球拾いばかり。

背番号がほしかった。
ヨンちゃんは、当時「大毎オリオンズ」の山内選手の大ファンだったので、背番号「8」をつけてもらった。
が、すでにチ-ム内には背番号8の人がいたので、ヨンちゃんは「3」を足して、「38」の背番号を背負うことになった。

それでなくても、ブカブカのユニフォ-ム。
そこで大きな「38」の背番号である。
ヨンちゃんは、新しい背番号をつけて練習場に行ったところ、みんなから大笑いされた。
「オマエ、背番号が歩いているみたいやな」
「38て、ウソの38(サンパチ)か?」

少年野球チ-ムの構成は、4年生以上であった。
一年生のヨンちゃんは置いてけぼりの存在。
6年の叔父さんは、さすがチ-ムの3番バッタ-で、カッコ良かった。

「これはヤバイ。誰か仲間を見つけよう」
と、ヨンちゃんは、クラスの中でも、抜群の運動神経を誇る「ヤスオ」ちゃんに声をかけた。

ヤスオちゃんは、一年ながら地上回転(トンボ)もできる友達だった。
こうして、ヨンちゃんは、ヤスオちゃんと少年野球チ-ムで球拾いを一緒にすることになった。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター