忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タカロア島の子供達は、本当にみんな元気で良い子ばかりであった。

学校が終わると、みんな海に入ってはしゃいで遊んでいる。
何故海で遊ぶのか・・・。
海が余りにも素晴らしいから?
陸地は猫の額ほどだから?
違います。
正解は、海にいると蚊に襲撃される危険がないから。
とにかく陸にいるだけで蚊の餌食となってしまう。

スタッフが撮影している間、私は少し暇になったので釣りでもすることにした。
釣り竿なんて、この島では邪道。
糸と針と、エサのタコさえあれば良い。

私が桟橋で釣りをしていると、また子供達が沢山集まって来た。
みんな私のマネをして、釣りを始めたのだ。

海の透明度が余りにも凄いので、釣りをしていて楽しいのか、楽しくないのかわからない。
というのも、魚が寄って来る様子が、余りにも鮮明に見えてしまうのだ。

私の隣りで糸を垂らしていた子供が、大きな魚を釣った。
が、釣ったその魚を針から外そうともせず、私に「外してくれ」と、いう合図をして来た。
その魚は、「おこぜの親分」のような風貌であった。
何だか気味悪いので、私は断ることにした。

このことは幸いだったようである。
この様子をビデオで撮影して、後日「横溝」さんに見せたところ、
「萩原さん、これはスト-ンフィッシュといって、猛毒を持つ魚ですよ。こんなモノに手をふれたらたちまち毒がまわり、タヒチ本島の病院に着くまでに、あなたの命は危なかったかも知れませんよ」と。

ああ、恐ろしや恐ろしや。
美しいモノには、毒がある・・・なんてよく言うが、まさしくそれ。
美しい海だからと、気を許してはいけないのである。

子供達が、ウツボを釣っていた。
ウツボは海のギャングである。
そのことを子供達は熟知しているようで、釣ったウツボを陸に揚げては、全員で棒でメッタ打ちにしていた。
そして、殺したウツボを足でまた海に蹴っていた。

なるほど。
ウツボは、あらゆる魚を食べている悪い奴だ。
「今度は、オマエがエサになる番だ」ということか。

元気で明るくたくましい島の子供達。
あれからもう20年にもなる。
あの子供達は、今どこでどんな大人になっているのだろうか・・・。

PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター