忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我々は、四国からこちらに来られたお二人の真珠職人のところへ。

お二人の作業場は、水上バンガロ-のように、ラグ-ンに突き出た小さな小屋であった。
ここで、黒蝶貝にカクという小さな玉を入れる細かい作業が仕事である。

貝の中にカクを入れて、それを海中に戻して、約一年半すれば、貝の中から見事な黒真珠が誕生する訳だ。

周囲は360度、エメラルドグリ-ンの海。
「こんなところで仕事できるって最高ですね」と、言うと、
「こんな景色、三日もすれば飽きるよ」と。
お二人とも、元気がなかった。

聞けば、ここに来たくて来た訳ではないらしい。
娘さんの嫁入り費用を稼ぐ為に、わざわざこんな遠い島まで、少しでも給料が良いからと来た訳だが、やはり日本が恋しくてたまらないようだ。
私達が日本から持って来た「味噌汁」や「梅干し」等の日本食のみやげに大喜びされていた。

確かに美しい海・・・それしかない島である。
島に一軒だけあるという雑貨店に行ってみた。
ほとんど商品がなく、缶詰が隅にわずかある程度。
聞けば、「船がしばらく来てないので、商品が滞っている」という。

撮影もそこそこに、我々は美しい海に入ってみることにした。
そこは、熱帯魚の楽園。
チョウチョウ魚を始めとして、色鮮やかな魚たちがウヨウヨいる。
私は、水中カメラを構えた。
そして、シャッタ-を押そうとした瞬間であった。
なんと、大きななサメが、カメラ前にヌッと現れたのである。

ビックリした。
でも、「これはシャッタ-チャンス」と、私はシャッタ-を押した。
その瞬間、サメは目にも止まらぬ猛スピ-ドで、あらぬ方向へと去って行った。

次の瞬間、恐怖が私を襲った。
「あれだけのスピ-ド、もしもこっちに向かって来たらひとたまりもなかった」
そう思っただけで、ぞっとした。

作業場のトイレに入った。
「ボットン便所」だった。
だが、下はエメラルドグリ-ンの海で、きれいなチョウチョウ魚たちが、私のウンチを、今か今かと待ち構えている。
そして、ウンチをした瞬間、綺麗な熱帯魚達は、私のウンチに群がった。

この島では、どうやら海の生物達と仲良くやって行くしかないようだ。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター