忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南の島の朝は最高である。
リポ-タ-の高原君(元アラジンで、今は作曲家)と、民家の自転車を借りて、朝の散歩に出かけた。

空港まで行って見た。
何しろ週に一便しか飛行機が来ない空港。
誰もいないし、ただただ広い平地のみ。
滑走路を自転車で走れるなんて、後にも先にもこの時しか経験できなかっただろう。

この島の海抜は、なんと2メ-トルしかない。
ド-ナツ状の平地が内海を取り囲んでいるだけの島である。

「台風や津波が来たりしたら、どうなるんだろう?」
素朴な疑問である。
そこで早速聞いてみたところ、ずっと昔に台風が襲って来て大変なことになったらしい。
台風の高波が、わずか2メ-トルという海抜の島に殴りかかって来る。
大人達は、高波に流されまいと、その辺りの木に必死でしがみついたようだ。

さて、ここで問題。(実際に「クイズ仕事人」の問題にもしましたが)
「非力な子供達を台風の高波にさらわれないように、どんなことをしたのでありましょうか?」

正解は、「台風前に、子供をヤシの木の高いところに縛り付けていた」
でした。

島の年配の人に話を聞くことができた。
「俺は、あのヤシの木の、あの高い所に縛られていたんだよ」と、ニコニコしながら話してくれた。
生きてること全てがハッピ-・・・この島の人達みんなが、そう感じているのかも知れない。


人間、天災から身を守る知恵は素晴らしい。
でも、天災は必ずといっていい程、弱い者ばかりに被害を及ぼすから、始末が悪い。


PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター