忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その頃、私が住んでいたのは「清風荘」という木造三階建ての違法建築のアパ-トだった。

三階のベランダには、わずかな屋上スペ-スがあって、洗濯物の物干し場になっていた。
洗濯機なんて勿論持っていない住民ばかりなので、炊事場で手洗いをして洗濯物を干すのである。
私の部屋は、その物干し場のすぐ近くの部屋だった。

相変わらず、三宅は部屋によく遊びに来ていた。
それも、常識外れの深夜に突然来たりする。
私は、良いのだが、アパ-トの管理人に注意された。
「萩原さん、深夜の来客はいいとしても、ドタドタと大きな足音を立てないでくださいな」と。

私は「夜中に来る時は、そっと足音をさせないように」と、注意した。
三宅は、「ゴメンゴメン、足音を立てんように階段上って来るわ」と。


しかし、この行為が裏目に出てしまった。
その頃、屋上の物干し場から、女性の下着が盗まれるという事件が続いて起こっていた。
管理人は、何とか犯人を見つけようとする。
そんな時、深夜に現れた三宅が、物音を立てまいと、忍び足で階段を上っていたところを管理人に発見された。
その忍び足は、下着泥棒と間違われても仕方ない歩き方だったようだ。

管理人に見つかった。
「あんたか!下着泥棒は!」
「違いますて!」
そんな騒ぎを聞きつけて私が現場に行き、三宅が下着泥棒ではないことを管理人に説得した。
が、管理人はまだ疑っている様子だった。

「三宅、静かに来いとは言うたけど、泥棒みたいな忍び足で来るな!」
深夜に私は呆れて怒ってしまった。

ちなみに、この下着泥棒、女モノのパンティと間違えて、私の花柄の派手なブリ-フも何枚が盗んで行きやがった。
私のブリ-フを盗んでどうするんや!アホ!



PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター