忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

玉出の喫茶店の常連客に、キャバレ-のホステスさんがいた。
「星さん」という女性で、九州なまりのある田舎者丸出しのホステスさんであった。

その星さんが、ある日のこと「今日は同伴出勤の日なんだけど、まだ同伴客が見つからないの。誰か同伴出勤してくれない?」と、言い出した。
喫茶店の客は、勿論誰もキャバレ-で遊べるような金銭の余裕はない。

「とんぺ-ちゃん、同伴して。お金はいらないから」
星さんは、飲み代は自分が持つからと、私に同伴出勤を依頼して来た。
聞けば、同伴日に休むとペナルティが大きく、それなら自腹で知り合いを同伴させた方がましらしい。

「いいですよ」
キャバレ-という場所にまだ一度も行ったことのなかった私は、即座にOKした。

「星さ~ん、僕も一緒に行ったらアカン?」
傍にいた三宅が、その話に食いついて来た。

結局あつかましくも、私と三宅の二人が同伴出勤としてキャバレ-に無料招待してもらうことになったのである。
「でも、ちゃんとした服装にしてよ」と、星さん。
私は部屋に帰ってス-ツに着替えることにした。
問題は三宅だった。
勿論ス-ツなんか持ってはいない。

「やっぱりあきらめろや」
私がそう言うと、
「とんぺ-のス-ツ貸してくれや」と。
仕方なく部屋に戻ってはみたものの、冬物のス-ツは一着しかなく、夏物しかなかった。
「それでええがな」と、三宅。

そして、三宅は真冬というのに、私の夏物ス-ツに身をまとい、皮靴も一足しかなかったので、足下は私の「バックスキン」でキャバレ-に向かった。(その頃の三宅は年中サンダルだった)

「その夏物ス-ツで行くつもり?」
星さんは、さすがに困った様子だったが、三宅が「キャバレ-や!キャバレ-や!」と、はしゃぐので嫌とは言えなかったのだろう。

そのキャバレ-は満員だった。
ホステスさんが何百人もいる。
ステ-ジでは、フルオ-ケストラが演奏している。
その前のフロア-では、ホステスと客がジルバを踊っていた。

すっかり浮かれ気分の三宅は、他のホステスさんと、出来もしないジルバを踊っていた。
場内は、夏服姿でデタラメなジルバを踊る三宅に、失笑があちこちで。
星さんは、恥ずかしそうに顔を赤らめていた。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター