忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忍者は様々な武器を使っていたようですが、その中の一つに「焙烙火矢(ほうろくひや)」と呼ばれる手榴弾があります。

焙烙と呼ばれる素焼きの手のひらサイズの半円形の中に、火薬を詰め込み、これを二つ合わせて球状にし、縄で十文字にくくりつけます。
そして、中の火薬からは火縄をはわせて、その火縄に火をつけて投げる訳です。

投げずに火縄を長くして、その場に置いておけば(隠しておけば)時限爆弾としても使えたそうです。

種子島に鉄砲が伝わったことで、火薬を使ったこんな手榴弾ができた訳ですが、実はそれ以前からも、伊賀忍者達は火薬を使っていたようです。

火薬は、硝石、硫黄、炭が原料となる訳ですが、硫黄や炭はいいとして、硝石は日本では採れません。

そこで、糞尿と草木を混ぜてバクテリアで発酵させ、硝石を抽出していたとか。
まるで科学者ですね。

今回の「女忍のブル-ス」でも、この武器「焙烙火矢」が劇中に登場します。(本物を使う訳ではないですが)

徳富啓太さん演じる「毒蛇の弥平次」は、このような武器作りを得意とする科学者のような忍者です。
お楽しみに1

PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター