忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

笑楽座の夜出番が近づいているというのに、ぴん子もぽん子もいなくなってしまった。
一人取り残されたらん子は、楽屋で呆然としている。
そんな所に、おまんと千吉がやって来た。

「ぴん子は東京のTVに行ったそうで、ぽん子はキャバレ-歌手になるとか言うて、出て行ったそうやな」
おまんが半笑いの顔で、らん子に語りかけて来た。
「次の出番は、こまどり休演という訳か?」
「仕方ないですわ」
「あんた等も、これでおしまいやな」
おまんが、してやったりの表情になる。
おまんにしてみれば、こまどり娘を何とか潰してやろうという企みが、ここで見事に成功した訳である。

「一人になってしまいましたわ」
らん子が、力なくうつむき加減に呟くと、
「一人ででも、舞台に立ったらええやないですか」
おまんの相方の千吉が、励ますように言った。

「一人でて、私が一人で舞台にですか?」
「そうです。芸人やったら、そうすべきやと思いますわ。今日来てるお客さんの中には、らん子さん、あんた目当てに来てる方もいてると思います。そんなお客さんに背を向けてもよろしいんでっか」
千吉のそんな言葉は、正論のように聞こえた。
でも、らん子には一人で舞台に立つ自信はない。

「軽~い気持ちで舞台に立ったらよろしいですやんか。そうやって、あんたは初めての舞台を見事にこなしたお人や。自信を持ってやりなはれ。失敗しても、何も迷惑かけへん。客が笑わんだけ」
その言葉に、らん子は勇気がわいて来た。
思えば、急遽こまどり娘のメンバ-の一員として舞台に立った時も、何もわからない状態であったが、必死で舞台を務めることで、何とか成功した。

「堂々と、ピンの舞台を務めなはれ!」
そう千吉に励まされて、らん子はすっかりその気になり、一人で舞台に立つことにした。

らん子が、一人っきりで舞台のセンタ-に立つ。
おまんと千吉は、舞台袖で様子を伺っていた。

「どうも!柳流亭らん子で~す!今夜は訳あって、こまどり娘、私一人で舞台を務めさせていただきます」
客は勿論トリオ漫才を期待していた。
そこに、新メンバ-のらん子一人という状況に、ザワつくばかり。
らん子はあせった。
何とか一人のこの舞台をモノにしようとして、早口で喋り立てるが、喋れば喋る程、どんどん墓穴を掘って行った。

「ウケないから、やたらテンションばかり上げてみて、テンポを速めて喋る」
これは、ピン芸と呼ばれる一人舞台では決してやってはならないことであったのだ。

つまり、漫才はシャベクリのかけ合いが妙となる。
コンビのリズムとテンポが早ければ早い程、客を魅了できる。
音楽のラップのようなモノである。

一方、ピン芸と呼ばれる一人舞台は違う。
一人の喋りの中に間合いが大切となって来る。
喋りのテンポも、漫才に比べると、グンと落とさなければならないのである。
喋りの中に緩急を入れて、お客さんとの間合いで喋るのが一人芸、漫談の世界である。

らん子には、そんなことは勿論わからない。
いつもの、こまどり娘の漫才の間合いで、一人喋ろうとするが、やればやる程自滅して行った。

舞台の袖で見ていた千吉が、その様子を見て、ケラケラと笑っていた。
「おまん姉さん、見てやってくださいな。見事に滑ってまっせ」
「千吉、オマエも悪い男やな、ピンで舞台に立って滑ることがわかってて、あんなこと言うたんか」
「そうですとも。昨日や今日出て来た素人芸人は許せませんわ。ホンマの舞台の怖さを教えてやらんと」

らん子に一人で舞台に立つように仕向けたのは、明らかに滑ると計算した千吉の企みであった。
舞台の袖で、滑っているらん子を見て、あざ笑う千吉。
しかし、おまんは笑ってはいなかった。
滑れば滑る程必死になって行くらん子の姿を見守っていたのである。





PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター