忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鶴橋の二畳の下宿は、さすがにヘコむ暮らしでした。

大きな旧家の二階に、二畳の間切りをしてある部屋が20部屋ほどあるという下宿。
朝夕二食付きで、一万円という家賃でした。
住んでいたのは、どう見ても工事現場のような人達ばかりで、学生や若者は誰一人としていません。

「食事が付いているから、いいじゃないか」と、思われるかも知れませんが、これがかえって迷惑な話。
夕飯のメニュ-に、カレ-が出されることがありました。
御飯は普通盛りなのですが、その上のカレ-のル-は少しだけ。
下宿のお母さんが「おかわり自由ですよ」と、言っておられたので、私は鍋にあるカレ-のル-を足そうとしました。
すると、「カレ-のおかわりはダメです。おかわりは白御飯だけです」と。
そこへ、下宿屋の子供がノコノコと現れてテンコ盛りにカレ-のル-を自分の皿に盛って食べているのです。
「これは下宿というよりも、虐待やないか!」
アホらしくなりました。

それに、その家の玄関は一つですから、門限があるのです。
夜10時以降は鍵をかけられてしまいます。
夜中にお腹が空いたからと、外出はできないのです。
窓(といっても30cm四方の鉄格子のついた小窓ですが)の外から夜鳴きラ-メンの音を聞きながら、角砂糖をなめて寝付いた思い出があります。

その頃、MBSラジオの前説で、毎週7分のネタを作らなければなりませんでした。
小さな鉄格子付きの窓の二畳の部屋で、夜は外出禁止。
でも、大阪に住んでいられることが幸せだと思い、まるで留置場のような環境で、連日ネタを作り続けていたのです。

今思えば、あの頃が一番多くのネタを作り続けていたのかも知れません。

PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター