忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、鶴橋の二畳の部屋で、息苦しい暮らしをしていた毎日でしたが、姫路から出て来た私にとっては、難波に近かったことが何よりも嬉しかったのです。

一応「大阪芸術大学」に進学したばかりだったのですが、向学心は皆無。
八方さんが「なんば花月」の出番と知るや、鶴橋から歩いて通っていました。

八方さんとは、高校時代「ヤングタウン」に共演したことがキッカケで親しくさせていただいていました。
高校時代、学校をサボッては八方さんの楽屋にオジャマして、生意気にも楽屋で寝ころびながら、八方さんと談笑したりしていたのです。

八方さんとは常に新ネタの話ばかり。私の新作をいつも興味深く聞いてくださいました。

そんな八方さんが、ある日のこと。
「君、いつも歌手みたいな服着てるな。どこで買うてんのや?」と。
「阪急ファイブですよ」
「阪急ファイブ?」

当時「阪急ファイブ」は、大阪で初めてのファッションビルとして誕生し、若者に人気のスポットでした。
ブランドは、まだ数少なく、メンズでは「JUN」「VAN」が存在している程度。

「阪急ファイブのJUNという店で買ってるんですよ」
私が、そう告げると、
「ワシをそこへ連れて行っていれ」と。

二人で阪急ファイブのJUNに行きました。
当然のように店員がウルさくまとわりついて来ます。
そこで、八方さんはキレてしまったのです。

「ウルさいな!さっきからヤイヤイと!ゆっくり服見られへんやいかい!」と。
結局、八方さんは店員に立腹してすぐ店を出られたのですが、もしも服を買う気になっていたら、もっと立腹されていたと思います。
それは、足が余りにも短いことに対する店員の態度で。

確かに70年代のブランド店の店員は、かなり上からモノを言っていましたからね。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター