忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俊市郎が、大阪に引っ越しをして登校拒否になったことは知らなかった。
しかし、転校して暫くして、俊市郎のご両親から電話があった。

「芳樹さん、悪いけど一寸来てくれる?」
聞けば、姫路の元の家に帰って来ているらしい。
何だかわからないが、とりあえず自転車で彼の家に向かった。

そこには大阪大学で心理学を教えているという人がいて、俊市郎に催眠術をかけようとしたところ、どうしても俊市郎が嫌がるので、私を呼んだという訳らしい。

「芳樹さん、あんたが催眠術してもらったら、うちの子も催眠術にかけてもらえることになると思うので、お願い」
美人のお母さんが私にすがるように言って来た。

私は、すんなり催眠術にかけてもらうことにした。
不思議な世界だった。
暗示をどんどんかけられる。
そのことに反発心を抱いては、催眠術にはかからない。
大阪大学の教授という肩書きもあって、私はすんなりと暗示にかけられた。

その後、私を見た俊市郎も嫌がっていた催眠術をかけてもらっていた。
つまり、俊市郎のご両親は、登校拒否に悩み、催眠術で何とかしようとしていたのであった。
私のやることなら何でもやると信じてくれていた俊市郎のご両親。
転勤で大阪に転校することは仕方のないことかも知れないが、そんなことで家族が凄い苦労をしている・・・。
正直、気の毒になった。

でも、催眠術をかけられても俊市郎の登校拒否は治らないようであった。
考えてみれば、姫路の田舎から、突然大阪の玉出への引っ越し。
カルチャ-ショックも、かなりあったのだろう。

私は、そんな俊市郎を放ってはおけなかった。
そして私の選んだ手段は、そんな俊市郎と文通をすることだった。

最初は、手紙のやりとりだった。
ところが、二人の出会いでもあったテ-プレコ-ダ-の文通に発展して行く。




PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター