忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、渡米した京一はバイトしながらロスのパントマイム学校に通い始めました。
本当の芸を追求したかったのでしょう。

そして数年後、パントマイムの芸を身につけて大阪に戻って来ました。
でも、一人ではありませんでした。
ロスでパントマイムの先生といい仲になり、結婚を認めてもらう為の帰国でもありました。

何年かぶりに息子に会えると空港まで出迎えに行ったご両親。
息子と一緒にタラップを下りて来た黒人女性が、いきなり「パパ!ママ!」と、抱きついて来たのにビックリ。

帰国後彼等夫婦は予想通りマスコミで騒がれ、「紅白歌のベストテン」に夫婦揃ってレギュラ-出演など華々しい芸能活動を続けます。

その後何があったのか私もよく知らないのですが、京一は「ソ-バットレビュ-」というロックバンドを結成。
関西を中心にロッカ-として活躍します。

でもまた彼は日本からいなくなってしまいました。
一度本場米国の味を知ったら忘れられなくなるのでしょうか・・・。

そんなこんなでそれからまた10年後、私は帰国した彼と偶然出会うのです。
私は彼の為に特別番組をテレビ局にお願いして作ってもらいました。

それは「昭和の浦島太郎」
長い間大阪を留守にしていた彼がすっかり変わった大阪を見て驚くという番組。

彼は今、パントマイムの日本の第一人者であり、今もロックを歌い続けているステキな50代です。

そして、相方の京二はつい最近まで自分のバ-で弾き語りを続けていた男。
私も酔っては二人でブル-スを夜更けまで歌ったものでした。

以上が「らん子のブル-ス②」で「フレンド2」のモデルだった北京一京二さんのお話です。

私の思い出に深く残る昭和の芸人さん・・・次はどなたのお話にしましょうか・・・


 

PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター