忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「昭和の芸人」さんシリ-ズですが、今日からは「私の20歳の上京」で、お世話になった方々について綴って行くことにします。

昭和47年2月1日・・・私は新幹線に乗り、東京へと向かっておりました。
懐の所持金は、僅か10万円。
その日はB&Bとして「なんば花月」出番の初日でした。
そうなんです。
TVのレギュラ-や、舞台に穴を開けて、私は勝手に東京に旅立ってしまっていたのです。

「このまま大阪で漫才を続けていてどうなるんや・・・」
以前のブログにも書きましたが、私なりの大胆な決断でした。

吉本興業さんは、我々のことを良くしてくださいました。
「久しぶりの大型新人」として、実力以上に売り出していただきました。
しかし、その実力以上が気に入らなかったのです。
「力もない者がTVで売れても、いずれは消えて行く」
そんな不安からの決断でもありました。

東京での再スタ-トに関しては、一応アテはありました。
近所(玉出)の東京から来た友達のバ-テンに紹介してもらった店があり、暫くはそこで働くつもりでした。
浅草のクラブで、由利徹さんを始め、多くのコメディアン常連のクラブとか。

そこで働きながら、再スタ-トと思っていたのですが・・・。
いざ面接に行ってみると「三浦?そんな男、知らんなぁ」と、紹介状を見て店長が。
愕然としました。
そして「ウチで働きたいのなら、保証人が必要」と。
身寄りもない東京で、保証人などいる筈もありません。

「いざ東京に来てはみたものの、今後どうしたら良いものか」
とりあえず安い旅館を見つけて、策を考えるしかありません。
その時、思い出した人物が一人いました。
名古屋の大須演芸場で、初舞台の時、一緒の出番だった落語家のタマゴ。
「雷門助六」師匠のお弟子さんで「雷門助三」さんです。
(現在は「春雨や雷蔵」として活躍されております)

早速電話をして、翌日とりあえず会えることに。
この助三さんのお世話で私は、再スタ-トを道を歩めることになります。
(「がばい婆ちゃん」では、「助三」さんが「豆吉」という名で紹介され、盗癖があるというとんでもない弟子となって登場していますが、そんな人では決してありません)

翌朝、旅館の仲居さんに起こされて目覚めました。
仲居さんは、部屋の窓を開け、
「今日は富士山が綺麗に見えてるわ。あんたも見てみ」と。

東京で再スタ-トしようと思った朝の富士山は遠くでしたが綺麗でした。

そして、その日「助三」さんと会うことから、東京芸人の第一歩が始まったのです。
「20歳の旅立ち」です。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター