忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は「葛飾区亀有」の、助三さん宅の二階三畳の部屋をお借りすることができました。
それにしても、2月の東京は寒かったです。
お布団は貸していただいたものの、一枚だったので毎日小さくなって寝ていました。(貸してもらっているのに贅沢は言えません)

赤坂の店を終えて私が帰って来るのは終電。
なので、朝は10時頃に起きて、ブラッと出かける・・・そんな毎日だったのですが、一階に下りると、「お味噌汁出来てますよ」と、助三さんのお母さんの声が。

一階の居間に行くと、白ご飯と、あったかい味噌汁が用意されていました。
「有り難うございます!」と、早速いただきました。

それから毎日、同じように味噌汁が準備されているのに、助三さんのお母さんの姿はありません。
が、珍しく顔を見せていただいたことがありました。
上品なお母さんでした。
「あなた、大阪を飛び出して上京して来たのですってね?それで、ご両親には連絡されてるの?」と。
私が首を横に振ると、お母さんはそれ以上何も聞こうとはされませんでした。
「ごちそうさまでした」と、逃げるように助三さんの家を後にしたのですが。

厳粛なご家庭でした。
話を聞けば、助三さんは、4人兄弟の末っ子で、上のお兄さんお姉さんの3人は全て東京大学卒業とか。

それに対して、末っ子の助三さんは、中学を出て「雷門助六」師匠に弟子入り。
勿論、大反対だったと思います。

そして、お母さんが私なんかに優しい理由がわかったのです。
助三さんは、弟子入り間もなく、一門のもめ事があり、失踪されたという過去があったのです。
結果的に、助三さんのご両親が、師匠に頭を下げて、戻していただいたと聞いておりますが。

自分の息子と同じように失踪した20歳の私を、他人事として放っておけなかったのでしょうね。

私は助三さんのお母さんに感謝しつつも、近所の安いアパ-トを借りて、一ヶ月でその家を出ることにしました。

引っ越しの日、助三さんは、一升瓶を抱えて私を訪ねて来ました。
「新居祝いだ」と。

身寄りもなかった私を、東京で迎えてくださったのは、心ある助三さん一家だったのです。
今でも感謝しております。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター