忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

藤井輝雄さん演じる「ぼん太」の相方役「ぼん吉」を演じるのは、
「桂三四郎」君です。

その名でわかるように、桂三枝師匠のお弟子さんです。
先日、三枝師匠とお逢いしたところ、お弟子さんの演技がやはり気になるのか、この芝居を観に来られるとのこと。
その日は出演者全員が緊張しまくりになるのでしょうね。

三四郎くんは、昨年の「女芸人らん子のブル-ス」では、「お囃子」という裏方をしていただきました。
背が高くでハンサムでいて好青年。

稽古にも随分と付き合っていただき、稽古に来られない人の代役をよくやってもらいました。
それが、どの役をやっても上手なんです。
あやめさん曰く「三四郎は落語より芝居の方が上手い」と。

そんな訳で、完結編では貴重な役を演じてもらい、お客さんにもかなり好評でした。

そんな三四郎くんも今回の役は少し苦戦している様子。
ぼん吉は、ナマリがひどくて、セリフの全てをナマッてしゃべらなければならないのです。
関西出身の三四郎くんが無理やりナマるというのは、至難の業なんですね。

実際に昭和の時代には、かなり地方ナマリがひどくて、なかなか大阪弁をしゃべれない芸人さんも多かったです。

私の元相方の洋七がそうでした。
B&Bとして、初舞台用にネタを書いて稽古をしようとしたのですが、
「だんさん、今晩わ」という大阪弁のイントネ-ションが、いくら練習しても、妙なイントネ-ションになってしまうのです。

それに、漫才というのは言葉のリズムが大切です。
大阪弁でのリズムの良いかけ合いが、しゃべくり漫才の基本。
洋七は、一生懸命に大阪弁のイントネ-ションを勉強しようと努力しましたが、やればやる程全くダメ。

結局初舞台用に書き下ろした「しゃべくり漫才ネタ」を私は封印する決意をしました。
「基本のしゃべくりやめて、別のパタ-ンを考えよう」
洋七の表情は、悔しさで一杯のようでした。
でも、仕方がありません。
勝負にならない戦いなら、別の手段を選ぶしかないのですから。

悩んだ末、私は「唄ネタ」と「動きネタ」中心の漫才をやる決意をしました。
洋七は、何も言わずについて来てくれました。
さぞ悔しかったことだと思います。

ドラマで俳優さんが、変な関西弁を使って気持ち悪いと思われてる方も多いでしょうが、関西に育った訳ではない人が、関西弁をしゃべるというのは、本当に大変なことなのですね。

三四郎くんは、その逆に悪戦苦闘しています。
地方出身で、大阪弁をしゃべることができない役にチャレンジ中です。

三四郎くんが、果たして本物の地方出身者に見えるかどうか・・・
是非、お芝居で確認してください。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター