忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日活のプロデュ-サ-は、ブツブツ言いながら、約百枚の原稿を一時間もかけて、破り続けました。 でも、一枚だけがテ-ブルの上に、破られず残されたままでした。 「この一枚だけ、笑えるのでもらっておくわ」と。 その一枚に私が書いていたのは、映画の本筋と全く関係ないシ-ン。 下着泥棒が、夜中にアパ-ト屋上の洗濯の物干し場に潜入して、 女性のパンツを盗むというシ-ンです。 盗んだ後、その場から立ち去ろうとするのですが、下着泥棒は 「悪いことをしたな」と、感じて、 自分のはいていたパンツを脱いで、物干しに干して立ち去るというシ-ンでした。 全くどうでもいいシ-ンのみOK・・・「これは余計バカにされている」と、私は重い足どりで打ち合わせの喫茶店をあとにしました。 一週間後には、ゼロから書き直した脚本を持って来る約束で、 すぐに帰って、新たな構想を練らないといけないところでしたが、 すぐ家に帰る気もしません。 どこかで、ヤケ酒でも呑みたい気持ちでしたが、そんな金もなし。 乃木坂から赤坂へと向かい、ちょうど吉本東京支社の前を通りがかったので、立ち寄ってみることにしました。 「ここでコ-ヒ-でもご馳走になって雑談すれば、気も晴れるかな」という思いで。 吉本東京支社の部屋に入ると、支社長さんが奥から手招きをして、 「萩原くん、この人、井筒和幸監督や。知ってるやろ」と。 井筒監督が、たまたま遊びに来られていたのです。 「そうそう。萩原くんは日活映画の脚本頼まれたとか言うてたな」と、支社長。 「ハイ、ちょうど今、脚本の一稿を持って行ったところなんですけど」と、私が力なく言うと、 「元気ないなぁ、どうやったんや?」と、井筒監督。 「ほとんどビリビリに破られて、一枚だけ残して『これだけ笑えるからもらっておくわ』言われたたんですわ」私が言うと、 「オマエ、凄い奴やなぁ」と、監督の言葉。 「例え1ペ-ジでも、日活のプロデュ-サ-に、笑えると言わしたのは凄い。笑える脚本なんか、そうそう書けるもんやない!オマエ、頑張れよ」 さすが井筒監督・・・なんというポジティブな方なのでしょうか。 このことを境に、私は少々のことではヘコまない作家に成長できました。 さて、お芝居に登場する「漫才作家」から話が随分それてしまいましたが、十銭家太一という漫才作家役の徳富啓太さんについて、お話することにしましょう。 徳富さんは、「トクトコ」という漫才コンビを組んでいて、今も多方面で活躍されています。 このコンビ、デビュ-当時はビジュアル系でかなり女の子に人気もあったのですが、今の二人はパソコン芸人のオ-ソリティです。 私がバソコンで何か困った時、まず真っ先にSOSの電話をするのが、このコンビ。 このホ-ムペ-ジも、徳富さんに作っていただきました。 「ホントに有り難う!感謝してます」 そんな徳富さんですが、私が以前シナリオ学校で、お笑い台本を生徒が書いて来たのを添削して行く授業に、いつも見学に来られていたことがありました。 「何故?」と、聞いたところ、 「自分だったら、こう言おうとするところを、先生はどう言うのか、それが楽しみで」と。 タレントさんなのですが、作家の気質を充分持っている人なんですね。 それに、人前では感情を見せようとせず、常に冷静な人・・・。 今回の「十銭家太一」という漫才作家そのものの人なんです。 この漫才作家の存在が、今回の「お茶子のブル-ス」の大きな核となります。 是非ご覧ください。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター