忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局「オジャマンないと」は、「高原兄」「柳沢慎吾」「越前屋表太」の3人でスタ-トすることになりました。

一回目の収録前に地元記者の人達に集まってもらって、記者会見を。
私も同席しました。

「どんな番組ですか?」の質問に。
「名古屋の人達とふれあう『ハ-トウォ-ミング番組』です」と、プロデュ-サ-が。

「具体的に、どんなことをされるのですか?」の質問に、
「とりあえず一回目の今日は公園でデ-トしているアベックを覗きに行きます」と、私が答えたところ、
「そんな番組、成立する訳ないじゃないですか!」と、記者さんのお言葉。
「成立するもしないも、現に今からやるのですから」と。
記者さん達は、呆れていました。

スタ-ト時、局内でも「そんな無茶な番組、すぐに終了する」と、囁かれていたようです。

そしてロケ現場へ。
公園でデ-トしているカップルに、カメラさん、タレントが茂みの中から急に姿を見せて、「どうも!何やってるの?」と、突然マイクとカメラを向けるのです。
勿論、事前に仕込みなんかいっさいしていません。
ガチなので、アベックは慌てて逃げ出すか、怒り出すカップルもいました。

でも、何組も失敗を繰り返すうちに、やっと話を聞けるカップルに遭遇。
そして、カップルに恋愛事情を詳しく聞き、公園内で愛の告白シ-ンなんかを即興でやったりしました。

最後は番組特製の屋台で飲みながら更に話を。
(この番組は「オジャマン屋台」というのを作っていて、その屋台が番組基地となり、毎週あちこちに出没するという内容です)

そして、お別れに今日出逢ったお二人の歌を「高原兄」さんが即興で作って歌うのです。
女の子は涙をうっすら浮かべていたのを記憶しています。

この日から毎週ロケを続けること10年。
毎回企画を変えてやることにしていましたので、スタッフも活気にあふれ、私も毎週新企画を試すことができるので大変勉強になりました。

「オジャマンないと」は私のライフワ-ク・・・と、その頃よく思っていたものです。

(PS)
9月京橋花月公演「女忍のブル-ス」の予告を、間もなくこのブログでも開始しますが、もう少しだけ「オジャマン」の話を続けます。



PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター